読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じったんの10ヶ月アルゼンチン生活!

大学を休学し、ブエノスアイレスでスペイン語を学びます。

あけましておめでとうございます。

もう2017年になって3日間経ってしまいましたね。

うーん早い。

 

今はマテを飲みながら、パソコンに向かっています。

この前、自分のマテを買いました〜!

みんなに素敵だね!と言われるので嬉しい。

(この器のこともマテと呼びます)

f:id:jittanxdaisy:20170104041545j:plain

 

伝統的なカップというよりかは、結構モダンな感じで、

めずらしくて気に入って、買ってみました。

 

マテは、カップに直接茶葉をたっぷり入れて、お湯を注ぎ、

濾し器のついたボンビーシャというストローで飲みます。

とっても苦いですが、すぐに慣れてハマってしまいました。

 

アルゼンチンでは、みんなで一つの器を回し飲みをする文化があり、

私もマテを勧めてもらえると、嬉しくなります。

 

地域によってマテ文化も様々らしく、

ウルグアイの人はどこでもマテを飲んでいるんだとか。

バスとか銀行の中とか、片手にマテと魔法瓶を持っている人が

町中にいるらしい。

 

パラグアイでは、テレレという冷たい水で飲むマテが主流で、

お砂糖と冷たい水、レモン汁を入れて飲んだりするらしい。

それが発展して、中にはマテに直接7upを入れて飲む人までいるらしい。

 

多分体があまりカフェインを受け付けず、

コーヒーを飲むと気持ち悪くなってしまう私には、

マテの方があっているかも。

 

可愛いマテもゲットしたし、

体にもいいらしいので、これからも続けようと思います。

 

 

 

ちなみに、今、チリに友達とバカンスに行っている彼もマテ愛好者で、

「毎日チリで何してるの?」と聞いたところ、

「お昼は砂浜でお昼寝して、夕方に帰ってきて、マテを飲んでいる」

とのことでした。マテ、やっぱり大事なんだね。

2週間もそんな毎日を過ごせるのいいなぁ。

 

 

そう!1月は、ブエノスの人はみんなバカンスに行っているんです。

マテ文化もあるけれど、このバカンス文化、すごく羨ましい。

 

クリスマスくらいから、長い人だと1ヶ月以上お休みを取って、

家族や友達でリゾート地に移動して、

ビーチで毎日ぼーっとして過ごすんだそうです。

 

彼のいとこ一家は、この前私も行ってブログを書いた、

Punta del Esteに別荘があって、今も家族でバカンス中らしい。

ブルジョワだ…。

 

とはいえ、お金持ちじゃなくても、バカンスに行くのが当たり前らしい。

別荘がない人はその期間だけ借りる、

Punta del Esteとかは特別高いので、ビーチに行けない人は、

プール付きのおうちを借りて過ごす。

 

彼は、幼馴染の男友達2人と一部屋アパートを借りて過ごしているんだって。

楽しそう〜。

 

 

年越しも結局彼のおうちにお邪魔して、

みんなでシャンパンを乾杯して新年を祝いました。

 

家族での行事に、出会ったばかりの外国人の彼女を

毎回連れてくるのって実際どうなんだろう?と思ってしまいますが、笑

でもみんなすごく優しいので、年越しもまた楽しく過ごすことができました。

 

 

12時を過ぎたら、彼がチリに一緒に行く友達を紹介してくれる、

ということで、4人でPalermoのバーに行きました。

 

バーって言われると、お酒を飲む→居酒屋

みたいなイメージになってしまって、

パスポートをすっかり忘れていて、入店拒否。

どうにか「21歳なんだけど」と食い下がってみたけど、

「見えない!!!」と即答されて、泣く泣くPalermoの街を彷徨うことに。

 

最初は申し訳ない!!と平謝りだったけれど、

ショットバーに行ってみんなでちょっと酔っ払って、

楽しくお話できました。いい奴らでした。

いい正月だった。

 

 

そんな感じで私の2017年は、日本から12時間遅れて始まりました。

「海外に興味がある(気がする)」ということでこれまでいろいろ決めてきましたが、

仕事を決めるのに、(気がする)で大丈夫なのか?

ということで、わがまま言ってここまで来させてもらった2016年。

2017年は、その答えを出して日本に帰ります。

 

でも何かがあった時にはいつでも日本を離れられるような、

語学力や感覚も身につけようと思います。

 

アルゼンチン、南米が私のアイデンティティーの一つになるような、

濃い1年を過ごせますように!