読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

じったんの10ヶ月アルゼンチン生活!

大学を休学し、ブエノスアイレスでスペイン語を学びます。

ブエノスアイレスに着きました

やっぱりブログ続かないなぁ…。

日本にいた時、ルームメイトだったたきぶに、

「ブログ読んでるよ!」とコメントいただきましたので、

マイペースに書いていこうと思います。

 

その日あったことを順番に書いていくだけでは

あんまり面白くないので、気になったことや印象的だったことなど

テーマを決めて書くことにしました!

 

なので、ブロードウェイミュージカルやマイアミの素晴らしさは、

また時間があって気が向いた時に書いてみますね。

 

 

今回は、ブエノスアイレスに着いて5日間経ったので、

今のところのブエノスに対する印象を書いてみたいと思います。

 

街を歩いた感じは、結構寒い!

毎日ユニクロのウルトラライトダウンを着ています。

 

今年の冬は特に寒かったらしく、4月からずーっと寒くて

これでもまだあったかくなったそうです。

 

マイアミでビーチに行っていた毎日から一転、

凍えながら早足で通学しています。

 

世界で一番道幅が広い7月9日通りが通学路。

道の真ん中から西側と、

f:id:jittanxdaisy:20161007054528j:plain

東側。いまいち伝わってない気がする。

f:id:jittanxdaisy:20161007054700j:plain

 

 

街の景色は、何だか少し寂れた感じかなぁ。

建物は確かにヨーロッパ風のものもあるんだけど、

昔のままなんだろうなぁという感じもする。

f:id:jittanxdaisy:20161007054621j:plain

f:id:jittanxdaisy:20161007054803j:plain

 

今いる宿(上野山荘ブエノスアイレス別館)もいい意味で懐かしい感じだからか、

一昔前にタイムスリップしたような感じもする。

 

映画ブエノスアイレスでは、「哀愁ある街」として描かれていたように思うけど、

本当に「哀愁」感じます。来た日はめちゃくちゃ寂しかったなぁ。

 

ただ、東京のようなざわざわした落ち着かない感じがないので、

ゆっくりのんびりできているのかも。広告とかも控えめ。

結構中心地にいるはずなんだけど、みんな落ち着いて淡々と暮らしているようなイメージ。

まぁまだ遊びに行ってないからな!

 

 

アルゼンチンの人は冷たい、と聞いていたのだけれど、

そんなことはない。

 

お店の人は陽気で明るく、言葉がわからなくても優しくしてくれる。

逆に、というのもおかしいけれど、近くの商店では、

アジア系の店員さんがかなり冷たくて悲しかった。

 

語学学校の人もみんなすっごく優しいし、空港でスペイン語が分からず

路頭に迷っていた時も周りの人が助けてくれました。

 

ちなみにボリビアサンタクルス空港での一コマ。

f:id:jittanxdaisy:20161007054634j:plain

私の乗りたい飛行機の情報はこのウィンドウの下でした。

 

とはいえまだ行動範囲はまだまだ狭いので、

本当のところはわかりません。

明日には「騙された〜」と泣き言を書いているかも。

 

 

治安に関してですが、怖い話はたくさん聞きます。

本当にとんでもない話を宿のいつこさんが話してくれます。

 

ただ半年以上住んでいても一切怖い目に遭っていない人もいるし、

運ですね。

 

怖い話を聞いて、心の準備をしておくのはとってもいいこと!

最初から言葉のわからないところで、

治安の情報も得られないままのホームステイは怖かったので、

まずは日本人宿に来て大正解でした。

 

上野山荘についてはまた記事を書きます。

素晴らしい出会いがたくさんあります。

 

 

日々の活動としては、

9時から13時まで語学学校でスペイン語を学び、

一旦帰ってお昼を食べて、

お昼寝するか、語学学校のアクティビティーに行くかという感じ。

夜は宿の他の宿泊者の方々とビールを飲んでステーキ食べてます。

 

f:id:jittanxdaisy:20161007054825j:plain

 

来月からは語学学校でホームステイ先を探してもらって、

ブエノスアイレスで暮らす家族のおうちに住む予定。

日本人宿の安全さと安心感がハンパじゃないので、

正直離れがたいところもありますが…。

 

今は友達が欲しいです。

夜に遊びに行く人がいないのが寂しい。

物価が高いので、宿でステーキも節約になって嬉しいのですが、

ブエノスを全然楽しめてない気がする…。